3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

【これはチート級】読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本【美文字テク満載】

自分の書く字に自信のない方へ

 最近、パソコンで仕事するのが主流になり、手で字を書く機会は減ってきました。

 でも、年賀状を書いたり、試験の答案を書いたり、上司へのメモを書いたりと、なんだかんだで自分の手で字を書く機会は多いですよね。

 そんな時、自分の字がどうもうまくない、大人っぽくない、そんな悩みを抱えていませんか?

 正直な話、私は抱えていました。

 しかし、そんな私の悩みを解消してくれる本がありました。それがこちらです。

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本

 

ユーキャンのボールペン字講座で漢字を一つ一つ練習するのは面倒。そんな時間はない。 

 綺麗な字を習得する手段として、ユーキャンなどのボールペン字講座などもあります。

 しかし、それらのプログラムは、一つ一つの字のお手本をボールペンでなぞるという練習方法をとります。正直、ただでさえ仕事で忙しく、そんなことをしている暇はない、というのが本音です。

 

綺麗に字を書くためのテクニックが詰まっている

 この本がすごいところは、文字の類型ごとに、文字を綺麗に書くためのテクニックが詰まっているところです。全ての文字を一つ一つ練習したりしません。

 これがまさにチートである点です。

基本は横棒。数字の「三」から。

 最初に本書で習うのは、美文字の概念である。

 一般的に横線は右肩上がり、線と線の間は統一すると美しく書けるという。それから、「三」を練習するが、ただ3本の横線を引くだけではない。上から順に、1本目は少し右上に反り、2本目は右上に真っ直ぐ、3本目は少し上がってから右下に反る。

 次に、「打ち込み」を学ぶ。習字などでやる、かっこいい文字の書き始めのことである。この練習には数字の「六」を用います。続けて、「二」と「三」で覚えた横線の書き方を使った「王」や「至」なども繰り返し書いていく。


一画強調(1本の線だけを強調)と一対強調(見えない線を意識)

 文字を書く際に、一本だけ強調する。これを「一画強調」という。ここで練習する文字は「青」。4画目の横線だけを強調すると文字が美しくなるとのこと。

 見えない横線を意識して書くのが「一対強調」。「人」や「大」などで練習する。左右に払う時、一対の払いが1本の横線の上になるように書く。


惜しみなく披露される美文字テク。練習すれば練習するほど楽しくなってくる

 このようなテクニックに従い、文字を練習していくだけである。ここで紹介したのはほんの一部。読めば読むほど、筆者がこれまで書道人生の中で培ってきた美しい文字を書くためのテクニックが惜しみなく披露され、読者の一部になっていく。

 

筆者の根本知とは?

 1984年埼玉県生まれ。大東文化大学大学院博士課程修了、2013年に書道学の博士号取得。企業研修や講演などを各地で開催。企業への文字デザイン提供や、NYでの作品展示など、創作活動も多岐に渡る。

 

 

 私はたまたまKindleで本を探している時にこの本に出会ったが、この本と出会えたのは幸甚であったと心から感じている。

 ぜひともみなさんも手にとって、美文字テクニックを自分のものとして欲しい。

 

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本

  • 作者: 根本知
  • 出版社: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2014/04/22