3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

加瀬亮と戸田恵梨香のSPECや中谷美紀のケイゾクが無料で全話見られるって知ってました?【ジョジョ好きにも見て欲しい】

ケイゾクとSPECは連続した物語

 知っている方は知っていると思うんですが、1999年に放送されたケイゾクと2010年に放送されたSPECは世界観を共有しています。監督の堤幸彦も同じですし、脚本も同じ方です。

 ケイゾクの主人公柴田は東大出身の女性、SPECの主人公当麻は京大出身の女性、というのも対になっています。

 両作品に共通して出てくるのは竜雷太さん演じる野々村さん。彼は「昔、すごい変わった女の子がいたんだけど、今はすっごく出世しちやって・・」とケイゾクの主役の柴田(中谷美紀)について語ったりとか、柴田の相棒、真山(渡部篤郎)のその後に関する重大発言をしたりします。

ケイゾクは中谷美紀が好きなら必ず見るべき

 まず言っておきます。中谷美紀が好きな人は絶対見るべきです。

 ケイゾクを見る前は仁とかのイメージが強かったのですが、若い頃の中谷美紀がこんなに美しいのかと。独特のしゃべり方が癖になります。

 ざっくり説明すると、“ケイゾク”と呼ばれる、迷宮入りした事件を担当する警視庁捜査一課弐係(架空の部署)に配属された、東大卒のキャリア警察官僚・柴田純と、元公安の叩き上げ刑事・真山徹が難事件を解決していくドラマです。軽い雰囲気で事件を解決していく前半と、サイコパス「朝倉」を追っていく後半の2パートに分かれますが、前半の方が楽に見ることができて好きです。

 SPECみたいに超能力者は出てこないのですが、おそらく後半の朝倉はスペックホルダーです。SPECのドラマにも名前が出てきます。

 このドラマの影響は強く、多くのドラマで、柴田の決め台詞「私、犯人わかっちゃいました」がオマージュされたりしています。

 

SPECは戸田恵梨香かジョジョが好きなら必ず見るべき

 今となっては、ケイゾクよりもSPECの方が馴染みが深い人が多いかもしれません。

 捜査一課が手に負えない特殊な事件を捜査するために設立された未詳事件特別対策係、通称“未詳(ミショウ)”に配属された当麻紗綾と、警視庁特殊部隊 (SIT) 出身で叩き上げの瀬文焚流の2人が、特殊能力(SPEC)を持った犯人と対決する姿を描いたドラマです。 

 主人公の弟にして最大の敵であるニノマエ(「一」と書く)が時間を止める能力があることから、ザ・ワールドのDIOと似てるとされて、ジョジョファンが歓喜したりしていました。

 それを受けてか、ニノマエの首には星型の痣があったり、サトリというスペックホルダーが吉良吉影と同じポーズを取っていたり、伊藤淳史が映画版で普通にジョジョのコミックスを読んでいたり、城旭斎浄海(ジョウキョクサイ・ジョウカイ)というまさにJOJOなキャラクターが出てきたりしています(確信犯)。

 

そんなケイゾクとSPECですが、Amazonプライムビデオで無料で見ることができます(プライム会員のみ)。プライム会員じゃじゃない人も、月額325円のAmazonプライム会員になれば見ることができます。2000円以上じゃなければ配送料がかかってしまうようになった今、プライム会員になってみてはいかが?現在、30日間の無料体験も実施中です。