3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

オリラジあっちゃんのしくじり先生で「資本論の続き」が気になったので探してみた

続・資本論 (まんがで読破)

「資本論」とは

 資本論は、カール・マルクスによる名著です。この書物によって、ロシアの前身であるソビエト連邦が生まれました。詳しくはこちらをご覧ください。

 このオリラジ中田敦彦さんの素晴らしいプレゼン、締めくくりはこうです。

 現代では、ソ連も崩壊して、マルクスの資本論は読まれなくなって久しくなりました。しかし、今、世界から靴を履けない子供はいなくなったのでしょうか。まだまだいますね。この世界は完璧ではありません。
 それでは、今、何が読みたいですか?資本論の続き、読みたくないですか?「続・資本論」を出して欲しいですよね。マルクスを超える天才が「続・資本論」を出したら、それはきっと聖書を超えるのではないでしょうか?そんな日を待ちながら、今日も全ての人間は世界中でしくじり続けているのです。

  そこで、気になったので、「続・資本論」に当たるものを探してみました。

聖書を超えるかもしれない書物

トマ・ピケティ 21世紀の資本

21世紀の資本

佐藤優 いま生きる「資本論」 

いま生きる「資本論」

池上彰 希望の資本論

希望の資本論 ― 私たちは資本主義の限界にどう向き合うか 

堀江貴文 新・資本論 

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)

大前研一 新・資本論

大前研一「新・資本論」―見えない経済大陸へ挑む

鎌倉孝夫 「資本論」を超える資本論

『資本論』を超える資本論―危機・理論・主体

おまけ

岩井克人 ヴェニスの商人の資本論

ヴェニスの商人の資本論 (ちくま学芸文庫)

 現代における資本論ではないかもしれませんが、名著なので掲載しておきます。