3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

舛添都知事ももう終わりなんだろうな。都議会ってタチが悪いんだもの

東京を変える、日本が変わる

不適正な支出を認めてしまった舛添東京都知事

 2016年5月13日の定例記者会見で、舛添東京都知事は、政治団体からの支出を家族旅行にあてたと週間文春に報じられた件について、「収支報告書の訂正・削除をした上で返金したい」と述べた。

 「これからはしっかりと仕事をして都民のために今まで以上に働く」とも話しているらしいが、もう都知事続投は無理なんでしょうね。

 石原都知事の頃も、同様に公金の支出が激しく、不祥事に発展する要因も多かったが、不祥事を不祥事とせず、抑え込む力のあるブレーンがいた。しかし、今回、舛添知事はこれを抑えきれなかった。

 暴力団とのつながりに関する報道を抑えきれなかった猪瀬全東京都知事と同様、どんだけ粘っても、ここまでグダグダと不祥事の報道がされた上、事実を認めてしまったら、もうダメだ。

 5000万円を使った視察出張について、強気の発言をした後だから尚痛い。公用車が「動く知事室」であるからしっかりとした車を買う必要があるということはわかるが、公用車による別荘への移動や、出張先で必要以上のランクの部屋に泊まることは説明がつかないだろう。

 そして、さらに悪いことに、皆さんご存知だと思うが、東京都議会はタチが悪い。女性都議への「早く結婚しろよ」「子供もいないのに」「産めないのか」と言ったヤジが一時期報道されていたが、こんなのはまだマシな方で、表に出せないような罵詈雑言が飛び交っているという。東京都庁に地方上級で採用された友人によれば、都議会議員の対応をしたくないがために、管理職に就くのを嫌がる職員が多くいるそうだ。こんな議会が、今の状態の舛添知事を容認しておくはずがないだろう。

 衆参ダブル選挙に加えて、都知事選まで重なったら、今年の夏は大変なことになりそうですね…。後を継ぐのは東国原さん…?誰になるのやら…。