3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

ディズニーリゾートで2歳児がワニに襲われ連れ去られる衝撃の事件が発生【地図・画像あり】

Disney PARKS PERFECT GUIDEBOOK 2016 (DISNEY FAN MOOK)

フロリダのディズニーリゾートで子供がワニ(アリゲーター)に襲われる事件が発生

 アメリカフロリダ州にあるディズニーリゾートで、遊んでいた2歳児がワニに襲われるという最悪の事件が発生しました。父親はワニに抵抗したものの、2歳児を救うことはできなかったということです。

 元のニュースはこちらですが、記事のタイトル(Alligator drags two-yea-old boy into lagoon at Disney World resort in Florida. フロリダのディズニーワールドリゾートでアリゲーターが2歳児を湖に引きずり込む)を見たとき、衝撃的すぎて、何かの比喩なのではないかと思いました。ジャングルクルーズみたいなやつかなと…。

 しかし、中身を読んでみるとどうやら本物のワニ(アリゲーター)による事件であるとのこと。リンク先では、現地の警察による記者会見の様子も掲載されています。

 事件があったのは、フロリダのディズニーリゾートにあるDisney's Grand Floridian Resortに隣接したSeven Seas Lagoonのビーチです。 

 現場は下のような砂浜になっており、子供が足まで水に浸かって遊んでいたところをワニに襲われたとのこと。ディズニー側は遊泳禁止を歌っていたものの、それが水際で足まで浸かることを禁止していたとは思えません。

 現地の警察が必死の捜索を続けているものの、まだ子供やワニは見つかっていません。ワニの大きさは定かでないものの、4フィートから7フィート(1.2メートルから2.1メートル)ということで、かなり大きいですね。

 被害にあった家族は、ネブラスカ州から親子3人で遊びに来ていました。

 世界で最も幸せな場所である夢の国で、こんな事件に遭遇するなんて、最悪です。

 ディズニー側は、警察に協力し、子供の捜索に全力を尽くしており、両親にも親身にケアをしているとのことです。

 でも確かに、こんなに大きな湖、そこに棲息する生物まで管理することは容易ではありません。このワニも、もしかしたら誰かが外部から持ち込んでそこで成長したものかもしれませんし、これまで目撃されていなかったのであればディズニーリゾート側を責めるのもなかなか酷です。もちろん、今回の騒動を受けて、このビーチは閉鎖されることになるのだと思います。

 本家のディズニーリゾートで起こった最悪の事件。これがもし、東京ディズニーシーでゴンドラに乗っている最中に起こったとか、東京ディズニーランドでジャングルクルーズに乗っている最中に起こったとか、立場を置き換えて考えると、より一層その恐怖を感じられます。

 ゴリラがグーで、ワニが口をパクっと開けているからチョキ!なんて言ってる場合じゃありません。意外なところで身の回りに潜む危険。私たちも、万が一を想定しながら行動しなければいけません。

 一刻も早い子供の救出が待たれます。