3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

吉岡里帆は「ゆとりですがなにか」を通じて大女優への階段を上る

吉岡里帆 2016年 カレンダー 壁掛け B2

「ゆとりですがなにか」で一番輝いていた吉岡里帆さん

 ついに「ゆとりですがなにか」の最終回が終わってしまいましたね。

 最終話でもずっとバタバタでしたが、岡田将生さんも松坂桃李さんも柳楽優弥さんもみんな幸せなハッピーエンドで終わってよかったですね。

 唯一分からなかったのは、松坂桃李さん演じる山路先生のホテルシーン。宮藤官九郎さんのことだから、わざとやって混乱させているんでしょうけど、あれ、さっきまで生徒の母親と一緒にいたはずなのに、いつの間にか吉岡里帆さんに入れ替わってる!という謎のシーンでした。このシーンの詳細が分かる人がいたら教えてください!

 で、ですね、安藤サクラさんとか、青木さやかさんとか、リアルな女性の演技がうまい女優さんたちをこのドラマでは多く起用していたのですが、このドラマで一番輝いていたのは、松坂桃李のところに教育実習生としてやってきた吉岡里帆さんでしょう(AKBファンの方、ぱるるファンの方、怒らないでください)。

 作品の中では、教育実習生でありながら指導担当である松坂桃李さんに告白しちゃったり、それでいてセクハラ被害を訴えたり、ドキュンの彼氏が小学校に殴り込んできたりと、松坂桃李さんの周りをかき回す役でしたが、本当にそういう学生がいそうな雰囲気を作り出すことができていて、リアルな演技に引き込まれました。

 こんなに綺麗な方なのに、肩書きはアイドルじゃなくて「女優」だというのもポイントです。

 結果的にその綺麗な容姿からグラビアにもチャレンジされているようですが、本業は女優さんです。

 こんなに透明感のある女性を久々に見た気がします。吉岡里帆さんを知ることができただけでも「ゆとりですがなにか」を見ていて収穫があった、なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。

 これまでNHK朝ドラ「あさが来た」などにも出演されてましたが、その容姿と演技力の高さが世間に知れ渡ったのは、「ゆとりですがなにか」によるでしょう。

 最近は、ゼクシィのイメージガールにも抜擢されたりもしたようです。前任の広瀬すずさんもあれだけブレイクしましたが、吉岡里帆さんもブレイク必至です!

 これからも是非、本業が女優の素敵な役者さんとして多くのドラマで活躍して欲しいですね!