読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!入省3年で総務省(総合職・旧1種)を退職した元国家公務員のブログ。通称「さんエリ」

Amazon Kindle Unlimitedで読めるオススメの面白い本ランキング

おすすめシリーズ

日本のアマゾンでついにキンドル・アンリミテッドが開始!! 

 ついに、この日がきました!! 私は、アメリカのアマゾンでこれを見かけてからここ数年、待ち焦がれていましたよー。

 キンドル対応端末を使って、小説や漫画さらには洋書まで読むことのできるアマゾンの神サービス「Kindle Unlimited」がついに日本でも開始されました!!

 これは嬉しすぎます!

 しかも、今ならこちらから30日間の無料体験ができます! 学生さんは夏休みですし、社会人の方もお盆休みを使うことができるので、これまで読みたいけど読むことができていなかった小説や漫画をこの機会に一気に読破してみてはいかがでしょうか。

 また、この記事では、Kindle Unlimitedで読むことができる本の中で、これまでKindleで1000冊以上読んできた私が個人的にオススメの本をランキング形式で紹介したいと思います! なお、私自身が乱読派なので、小説もビジネス書も漫画もごちゃまぜですが、間違いなく面白いです!

Amazon Kindle Unlimited 面白い本オススメランキング

1位 夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 超おすすめ! 一昔前に流行った本ですが、今読んでもすっごくためになります。特に、仕事で行き詰まっている方や人生の方向性に悩んでいる方に読んでいただきたいです。中谷美紀と藤木直人主演のドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」の原作となった「スパルタ婚活塾」の著者である水野敬也さんが書かれているので、あのドラマが好きだった人も是非! 全く堅っ苦しくない自己啓発書で、読んでて笑えるので息抜きにもどうぞ! 続編の「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」も読み放題の対象ですし、スパルタ婚活塾も、キンドル・アンリミテッドの対象です!

スパルタ婚活塾

2位 超一流の雑談力

超一流の雑談力

 地下鉄の電車内で広告を見た時から気になっていた本。Amazonのレビューでは賛否両論ですが、個人的にはかなりタメになったなと。キンドル・アンリミテッドは読み放題なので、少し読んでみて合わなければ止めればいいので、まずは読んでみることをオススメします。 

3位 星を継ぐもの

星を継ぐもの (創元SF文庫)

 SFとミステリーが好きな私的に大ヒットでした! この本をオススメしている小野不由美さんも、私が大好きな小説家です(特に屍鬼)。文量は多いですが、この本を読むのに費やした時間は全く無駄にはなりません。

4位 人生がときめく片づけの魔法 

人生がときめく片づけの魔法

 ダノンビオのCMに出演されていることでも有名な、片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんが書かれている本です。アマゾンキンドルの人気ランキングでもずっと上位に入っていて、かなりの人気作です。断捨離本ですが、普段の会話のネタにもなるので、一読することをオススメします。 

日めくり こんまりのときめく毎日 ([実用品])

5位 女帝

女帝 1

 真鍋かをりさんも一押しの漫画! 一時期ドラマ化もされていましたが、ドラマなんかよりも原作の方が何倍も面白いです! 私は既に全巻買い揃えてしまったので多少悔しいですが、女帝も全巻読み放題の対象になっています! これは凄すぎる! 夜の世界と政治の世界の複雑な人間関係を巧妙に描いた伝説的な作品です。この作品を読んで熊本に行くと、阿蘇の草千里周辺への思い入れが一層強くなります。

6位 アドルフに告ぐ

アドルフに告ぐ 1

 手塚治虫の名作。ヒトラー政権下のドイツを舞台に、「ヒトラーがユダヤ人である」という前提で書かれた作品。子供の頃何度も読み返しました。また、同じく手塚治虫のブラック・ジャックシリーズも読み放題の対象となっています。

7位 陽気なギャングが地球を回す

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

 伊坂幸太郎の陽気なギャングシリーズまで、キンドル・アンリミテッドの対象になっています! 伏線を張りまくりのシリアスな他の伊坂幸太郎作品とは違って、勢いのある陽気で楽しい小説なので、是非読んでみてください。

8位 自由論(J.S.ミル)

自由論 (光文社古典新訳文庫)

 光文社の古典新訳シリーズも、読み放題です。昔の、文語ガチガチの堅っ苦しい訳ではなくて、現代の若者でも読みやすい言葉遣いで書かれています。私は、古典作品の多くを光文社のこのシリーズで読んでいるのですが、特にジョン・スチュアート・ミルの自由論はオススメです。現代の民主主義社会、資本主義社会、それから、課題設定として語られるリバタリアニズムを考える上でも、必ず読むべき古典です。

9位 ざっくり分かるファイナンス

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)

 新書で気軽にファイナンスを勉強する本としては、非常に優れています。いきなり分厚い本を読んでも専門用語ばかりですぐに読むのをやめたくなってしまいますが、この本は基本知識・基本用語についても詳しく説明しているので、初心者にもオススメです。また、説明が非常にわかりやすいので、人に教える立場にいる、ベテランの財務担当の方にもオススメできます。

10位 インベスターZ

インベスターZ(1)

 ドラゴン桜で有名な三田紀房さんが書いた投資をテーマにした漫画です。ドラゴン桜の頃より絵も綺麗になっていて読みやすいですし、学校の運営資金を自ら稼ぎ出す「投資部」に参加した主人公が果敢に活躍するストーリー展開には非常にワクワクします。 

(おまけ)

 Newsweekなどの雑誌も、読み放題の対象に含まれています。1冊500円くらいするのに、読み放題とは、本当にお得ですね。

週刊ニューズウィーク日本版「特集:世界を虜にするポケモンGO」〈2016年8/2号〉 [雑誌]