3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

君の名は。Another Sideを読むと理解がより深まる!

映画を補完する素晴らしいスピンオフ

 世間で絶賛を受けている映画「君の名は。」。

 非常に魅力的な作品だけに、回収されない伏線などが気になってしまうというのも事実だろう。

 個人的に一番残念だったのは、結局父親が嫌われキャラで終わってしまうところだと思う。

 宮水を憎み、娘に対しては最後の最後まで頑なで、三葉やてっしー、沙也加が頑張って助けた住民も、父親の的確な避難指示で救われたことになるなど、いいところだけ持っていく嫌なやつである。

 しかし、そんな父親に関しての描写を、より深く掘り下げた作品がある。

 それが、小説「君の名は。Another Side:Earthbound」である。

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 加納新太,田中将賀,朝日川日和,「君の名は。」製作委員会,新海誠
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/07/30
  • メディア: 文庫
 

 これは、以前大流行したアニメ「コードギアス」のCDドラマSound Episodeシリーズで脚本を書いていた加納新太さんが書いている小説で、新海監督が直接書いたものではないが、映画の世界観を崩さずにより深く味わうための作品として、非常によく書かれている。

 映画のヒットに引っ張られて、書店や通販では在庫切れが続いているようだが、Kindle版ならいつでも手に入れることができるため、是非読んでみて欲しい。

 三葉編、てっしー編、四葉編、父親編の4部構成で、てっしーや四葉のファンにもオススメなのだが、特に最後の父親編が素晴らしい。

 別にこれで、父親がいい奴に思えるわけではない。しかし、三葉の母親二葉との馴れ初めのエピソードを読み進めていくうちに、この父親が血も涙もない人間では一切ないことがわかる。

 この小説を読んだ後に、もう一度映画を見に行きたい。

 そう思わせてくれる素晴らしいスピンオフ小説である。

 

(P.S.)

 スピンオフ作品の出来は素晴らしいが、下の記事に書かれたエピソードの方が実は好きだったりする。