3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

遂に完結するダンガンロンパの魅力を1万字で語る

遂に完結! ダンガンロンパ 希望ヶ峰学園

 2016年9月29日、ゲーム業界に新風を巻き起こした偉大な作品「ダンガンロンパ」が完結します。

 2017年1月には、ダンガンロンパV3が発売されますが、そこでは登場キャラクターは一新され、舞台は才囚学園に移ってしまうので、希望ヶ峰学園を舞台に繰り広げられていた初代ダンガンロンパからの流れは、29日に放映される「ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園-希望編」で完結することになります。 

 この記事では、2010年11月の発売からおよそ6年間の歳月を経て完結するダンガンロンパについて、その魅力を語っていきたいと思います。全体的にネタバレを含むので御注意ください。

目次

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(1作目)

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 PSP the Best

 最後こそアニメで締めくくられるダンガンロンパシリーズですが、御案内の通り、ことの起こりはゲーム作品でした。

 このゲームを一言で表すと【推理ミステリー×恋愛シミュレーション×サイコサバイバルホラー】です。未プレイの方にとっては「何だこの組み合わせは!!」と思うような取り合わせですが、既プレイの方にとってはご理解いただけるはずです。

 逆転裁判やレイトン教授シリーズなど、謎解きミステリーゲームが隆盛だった当時、任天堂ブランドで展開されていたそれらとは対象的に、ダンガンロンパはPSP用ゲームとして発売されました。

 逆転裁判は、制作スタッフによる「異議あり!」や「待った!」を除けば独特のポポポ音でセリフが進められますが、ダンガンロンパでは、緒方恵美、櫻井孝宏、日笠陽子、石田彰、斎藤千和、沢城みゆき、中井和哉、くじら、椎名へきる、山口勝平、豊口めぐみという、有名実力派声優が声を当てているというところも、セールスポイントでした。一番の極めつけはなんといってもモノクマの声を大山のぶ代さんがあてているということでしょう。

ダンガンロンパ1・2 モノクマ つままれストラップ

 シルエット的には某猫型ロボットに似ているのですが、その性格は極悪。ゲーム中、キャラクター達をどん底に突き落とす悪魔のような存在でした。そんなキャラクターの声を、5年ぶりに声優業に復帰した大山のぶ代さんが務められるというそのギャップは大きな話題を引き起こし、「是非ともプレイしなければ」という気持ちにさせられました。

 実際に発売されてプレイしてみると、その内容は期待を大きく上回りました。

 全国から卓越した才能をもった生徒だけを集めた「希望ヶ峰学園」。そこに「超高校級の幸運」として抽選で選ばれた少年「苗木誠(なえぎまこと)」が入学するところからストーリーが始まります。

ダンガンロンパ1・2 超高校級のフィギュア 03 苗木誠 1/8スケールPVC塗装済み完成品

 卒業すれば人生の成功が約束された希望ヶ峰学園に運良く入ることのできた苗木誠は、意気揚々と校舎内に向かっていくのですが、玄関口で突如としてめまいに襲われ、意識を失ってしまいます。

 目を覚ました苗木誠の目に飛び込んできたのは違和感に溢れた希望ヶ峰学園の教室でした。窓は全て鉄板で目張りされていて外の景色は一切見えず、いたるところにモニターや監視カメラが設置されています。他の新入生達と合流するも、彼らも意識を失っていつの間にかこの空間にいたと言います。

 そんなところに現れたのが、大山のぶ代演じるモノクマでした。

 モノクマはその陽気な声で、「コロシアイ学園生活」のルールを説明します。

 要するに、生徒の中に紛れ込んだ殺人鬼を探し出す、人狼ゲームのような犯人探しをさせられることになるのですが、「希望ヶ峰学園」というスパイスによって、このゲームをありきたりな犯人探しゲームと一線を画すことになります。

 なんせ、プレイヤーの新入生は、「超高校級の野球選手」、「超高校級のアイドル」、「超高校級の御曹司」、「超高校級の風紀委員」、「超高校級の暴走族」、「超高校級の格闘家」、「超高校級のギャンブラー」、「超高校級のギャンブラー」、「超高校級のギャル」と、それぞれ一芸に秀でた天才なのですから。

 「超高校級」という響きに含まれる過剰な期待を上手く使っているところも、このゲームの作り手の巧みなところですね。

 先に「恋愛シミュレーションゲーム」と述べたように、ゲーム内では、彼らとコミュニケーションを取ることで仲を深め、個別のエピソードを聞くことができます。

 話してみると、彼らは特別の才能を持っていながらも、普通の人間。このまま殺人なんておきなければいいのに、なんて思いながら進めていくのですが…。

 いかにもヒロインの雰囲気を持った彼女が最初に死んでしまったのは衝撃でしたね。あえて奇抜なショッキングピンクで血を表しているのですが、それがまた不気味な感じでした。

ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.604 ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation 『舞園 さやか』

 そして、さらなる衝撃は、犯人判明後の「おしおき」です。

 殺人事件が起こると、その犯人を特定するための学級裁判が行われ、「クロ」とされた者には、残酷な処刑が行われます。

 超高校級の野球選手を、「千本ノック」で処刑したときは、「PSPでここまでやるのか!!」と驚きを隠しきれませんでした。

 それまで普通にコミュニケーションを持っていた、魅力的で個性あふれる仲間が、いきなり殺され、手続きに則って処刑されていくプロセスこそ、このゲームがここまでヒットした要因なのではないかと思います。

 例えるならば、FF7のエアリスが殺された衝撃が何度も繰り返されるような感覚です。

 ゲームを進めていくうちに、特定のキャラクターに愛着が湧くことがあります。

 そんなキャラクターでも、構わず殺され、または、犯人として処刑されてしまう。

 「次はどのキャラクターがいなくなってしまうんだろう」そんなことを考えながら進めていく感覚は、これまでのゲームにはありませんでした。

 ダンガンロンパ発売後、これに影響されてデスゲーム要素を盛り込んだゲームが発売されるようになりました。最近では、「アイドルユニットのセンターにならなければ処刑」という異色のゲームの発売も予定されています。

 さて、そうして進めていくうちに、それまで素性を隠していた「超高校級の探偵」霧切響子(きりぎりきょうこ)とともに、主人公苗木誠は犯人を見つけ出します。それまでは「超高校級のギャル」として普通に接していた江ノ島盾子は豹変し、「超高校級の絶望」としての本性を表します。

スーパーダンガンロンパ2 超高校級のフィギュア 01 江ノ島盾子 PVC塗装済み完成品

 多大な犠牲を出しながらも、最終的に超高校級の絶望を打ち倒した主人公達ですが、封印された扉を開けて見ると衝撃。目に写ったのは、「人類史上最大最悪の絶望的事件」によって荒廃した世界でした。江ノ島盾子の影響力は希望ヶ峰学園内部にとどまらず、世界的中を絶望させ、破滅に追い込んでいたのでした。

 「人類史上最大最悪の絶望的事件」とは、なんとも厨二病なネーミングなのですが、その響きの面白さから、ついつい頭に残ってしまうフレーズです。制作スタッフの素晴らしいセンスの賜物です。

 閉じ込められていると思っていた、希望ヶ峰学園の閉鎖的な空間が、むしろ、「外の世界からのシェルター」であったというコペルニクス的転回を経て、物語は幕を下ろします。

(おまけ)

 PSVR発売と同時に、ダンガンロンパ1の学級裁判をVR化したゲームの配信が開始されるようです。逆転裁判の論理重視なスタンスよりも、リアルタイム感、アクション感重視の学級裁判ですが、これをPSVRにしたら楽しそうですね。お仕置きシーンもVR化されるらしいですよ。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 (通常版)

 ダンガンロンパの続編であるスーパーダンガンロンパ2では、前作の陰鬱な雰囲気とは打って変わって南の島が舞台になります。

 前作で希望ヶ峰学園から出た後の話をプレイするものだとばかり思っていたプレイヤーは戸惑ったことでしょう。主人公も苗木誠ではなく、日向創(ひなたはじめ)に変わっています。声優は高山みなみ。前作のラストで霧切響子が「超高校級の探偵」であることが判明した流れなので、多くのプレイヤーはこの配役に苦笑したことでしょう(身体は子供、頭脳は大人の名探偵的な意味で)。

コトブキヤ スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 ARTFX J 日向 創 1/8スケール PVC塗装済み完成品

 モノクマに似たピンク色のうさぎ型ロボット「ウサミ」(声はサザエさんのタラちゃんw)を訝しみながらも、同級生とともに南国のリゾート地「ジャバウォック島」で「希望の欠片」を集め始めるのですが、そんなところにモノクマが襲来し、またしてもコロシアイゲームがはじまってしまうのです。

スーパーダンガンロンパ2 デコレーションカードジャケット ウサミ

 本作においても、殺し合う同級生は個性的で魅力あふれるキャラクターばかりなのですが、そんな中気になる存在が…。 

絶対希望バースデー(TVアニメ(ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園-(絶望編))EDテーマ)

 「狛枝凪斗(こまえだなぎと)」という、苗木誠(なえぎまこと)のアナグラム(ほぼ)の名前を持つ彼は、苗木誠と同様に「超高校級の幸運」の持ち主であり、声も緒方恵美さんが演じられています。

 結局、狛枝凪斗と苗木誠との間には何らの関わりもないのですが、制作側のミスリードにまんまと乗ってしまったプレイヤーは多いことでしょう。

 一方、もうひとり気になるキャラクターがいます。 

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation マイクロファイバーミニタオル 十神白夜

 前作ではこんなにスタイルのよかった「超高校級の御曹司」十神白夜(とがみびゃくや)が、激太りした姿で同級生として登場するのです。

 声優も同じく石田彰さんが演じられていて、戸惑いましたね。

 彼の正体は「超高校級の詐欺師」であって、十神白夜の偽物だったのですが、見た目がこんなに違っても、話し方や性格が本物と似通っていると、だんだん本物のように見えてくるという不思議な感覚を味わいました(後述するダンガンロンパ3絶望編における御手洗も同様)。

 狛枝凪斗と、激太りした十神白夜の存在により、1作目との関連が見えないまま物語は進んでいくのですが、最終的には夢オチのような種明かしがされます。

 希望ヶ峰学園を脱出した苗木誠らは、絶望的な世界を立て直そうとする「未来機関」に所属し、江ノ島盾子によって絶望的な洗脳を受けた「絶望の残党」たちを更生するためのプログラムを作り、実用化していました。そのプログラムの中で起こっていたのが、ダンガンロンパ2の世界だったのです。

 つまり、主人公含め、ダンガンロンパ2に登場するキャラクターは全員、江ノ島盾子によって洗脳され、外で破壊活動を行っていた「絶望の残党」だったのです(七海千秋を除く)。

 相変わらず、世界観を180度ひっくり返すのが上手すぎです。 

 本作でも声優陣は豪華で、福山潤、小林ゆう、岸尾だいすけ、小清水亜美、花澤香菜、安元洋貴、朴璐美、三石琴乃、三森すずこ、杉田智和、茅野愛衣といった具合でしたから、それらが全て現実世界では悪役だったとは思いもしませんでした。それぞれに1よりもキャラが立っていて、思い入れも深かったですしね。

 そんな感じで、前作とのつながりを確認して少しほっとした状態で、2作目は終了です。

(おまけ)

 私は見に行けていないのですが、ダンガンロンパの舞台版「ダンガンロンパ THE STAGE」というものが存在しています。2014年はダンガンロンパ、2015年はスーパーダンガンロンパ2、2016年は再度ダンガンロンパと来て、2017年3月にはスーパーダンガンロンパ2の再上演となっています。奇抜な髪型のキャラクターを再現するのはかなり大変だと思うのですが、モノクマの声とかはきちんと本物を使っていて世界観を崩さない仕上がりになっているようです。できれば見に行きたいです。

絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode

絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode(特典無し)

 上では述べませんでしたが、第1作目で希望ヶ峰学園におけるコロシアイ学園生活を生き抜いた腐川冬子(ふかわとうこ)という「超高校級の文学少女」の正体は、ジェノサイダー翔という「超高校級の殺人鬼」でした。そんな彼女と、苗木誠の妹である苗木こまるを主人公にしたスピンオフ作品が「絶対絶望少女」です。時間軸的には、ダンガンロンパ1と2の間。

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION 腐川冬子マグカップ

 この作品では、これまで全容が見えてこなかった「人類史上最大最悪の絶望的事件」の姿を知ることができます。

 1作目、2作目とは異なり、推理モノではなく完全なシューティングアクションです。とはいいつつ、謎解き要素も多いので、PC用の神ゲー「Portal」に似た要素もあります。

 いきなりの路線変更に不安を抱えながらプレイしたのですが、ゲームとしても結構きちんと仕上がっていてびっくり!苗木こまるは、超高校級の何かではないのですが、腐川冬子に負けない活躍をします(超高校級の妹? そんなこといったら九頭竜の妹が可哀想でしょうか)。

みんなのくじ 絶対絶望少女 ダンガンロンパ AnotherEpisode A賞 苗木こまる フィギュア

 江ノ島盾子の魂を引き継いだ「モナカ」の役には、なんと平野綾を起用。相変わらず声優の布陣には驚かされます。 

 「超高校級」ならぬ「超小学生級」の敵が現れ、彼らが歪んでしまった原因に同情しながらも倒して(殺さない)、すべてを先延ばしにした状態で終わります。

 スピンオフというだけあって、腐川さんや苗木こまるの魅力はありストーリーも面白いのですが、ダンガンロンパの大筋からは外れています。要救助民として、それぞれシリーズ1作目のキャラクターの家族とかは出てくるんですけどね。

 レジスタンスのリーダー塔和灰慈もその後出てこないですしね。

 でも、やはり、人類史上最大最悪の絶望的事件後の、世界の絶望的な状況を知るためにこの作品は必要だったのだと思います。この作品があったからこそ、簡単に立て直せるような状況ではないという印象が強まりましたから。

ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 未来編/絶望編

ダンガンロンパ3 −The End of 希望ヶ峰学園− Blu−ray BOX II 〈イベント優先販売申込券付き初回生産限定版〉 [Blu-ray]

 ゲームソフトとして展開されてきたダンガンロンパは、アニメシリーズによって完結することになります。

 それが、2016年夏に放送されてきた「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園」です。 

 賛否両論あったと思うのですが、何よりもダンガンロンパの続編を見ることができる嬉しさで一杯で、ゲームだろうがアニメだろうが構わないという状態でした。

 結果的にアニメでよかったなと。ゲームのように伏線が主張しすぎないし、それぞれのキャラクターを細かく描けますし、よく作り込まれててボリュームもたっぷりでしたし。

 これで、このエピソードをゲーム化してくれたらそれはそれで最高なのですが。

 一学級での出来事から世界的な事件にまで大風呂敷を広げてしまったダンガンロンパ。無事にまとめきれるのか心配でしたが、それは29日公開の希望編を見て判断することにしましょう。

 さて、このアニメシリーズ、同時期に「未来編」と「絶望編」の2作品を曜日を変えて同時並行で放送されていました。週1だって大変で制作が遅れることもたまにあるのに、あのクオリティで週2の放送をやりきる制作スタッフには脱帽です。

 未来編では、ダンガンロンパ2の後の世界を描き、絶望編では、ダンガンロンパ1の前の世界でどのように「人類史上最大最悪の絶望的事件」が起こったのかが描かれます。

 第1話をそれぞれ見たときは、未来編の真剣さと対象的に、絶望編がおふざけエピソードだったのですが、進んでいくと描写は絶望編の方がエグくなっていきました。

 ダンガンロンパ3は、TOKYO MXと、BSでだけ放送されていて、主要な民放の地上波では放送されていないのが疑問だったのですが、絶望編の後半を見て納得しました。確かに、これは地上波で流していいレベルじゃありません。

 アニメ界1の問題作とされる「スクールデイズ」を超える残酷な描写ばかりです。血をショッキングピンクで表現すればいいというような問題ではありません。

 未来編でそれぞれが自殺しているシーンもですが、特に絶望編で雪染先生が物理的に洗脳されているシーンなんてもう…。

 と、そんな感じで表現のエグさばかりに目が行ってしまいましたが、ストーリーも秀逸でした。

 未来編では、ダンガンロンパ2の実験(「絶望の残党」を更生プログラムで処置していたこと)が、未来機関本体にとっては「絶望の残党」を苗木誠が匿ったように映ってしまい、その「裏切り行為」について、未来機関全体でどのような処分をすべきかを話し合う場面から開始します。

 そこには、未来機関トップの天願会長や、希望ヶ峰学園のOBOGで各支部のトップが集まっていました。希望ヶ峰学園のOBOGということで、それぞれ「元・超高校級の生徒会長」だったり、「元・超高校級のボクサー」だったり、「元・超高校級の家政婦」だったりしますが、そんな未来機関の幹部が集まったところが突然急襲され、またしてもコロシアイゲームが始まってしまうのです。

 やはりダンガンロンパといえばこの展開。

 ダンガンロンパ1がアニメ化された時とは違って、アニメ専用のストーリーなので、このコロシアイゲームも非常に見応えがありました。

 相変わらず、釘宮理恵が演じていてキャラの濃かった万代大作(元・超高校級の農家)はあっという間に死ぬし、三宅健太演じる正義漢グレート・ゴズ(元・超高校級のレスラー)は死亡フラグをたてて初めの方に死んでしまいます。

 それから、ショックだったのが、シリーズ1作目から頼りにしていた霧切響子がNG行動によって死んでしまったことです。ネット上では生存説が飛び交っていますが、小細工によって避けられるような展開ではなく、実際にドロップアウトしてしまっているはずです。コードギアスR2でシャーリーが死んでしまったときくらい悲しかったです。いくらサプライズを演出するためとはいえ、そこまでやらなくても…。

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation 霧切響子 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

 新キャラが多く登場する中、前作からの登場人物の活躍も魅力です。「超高校級の占い師」葉隠の活躍は微妙ですが、十神白夜は相変わらずかっこいいですし、「超高校級のスイマー」朝日奈葵の献身的な活躍には心打たれます。

 なお、本作ではモノクマの声を、大山のぶ代さんに代わられてTARAKOさんが演じられているのですが、作中にちびまる子ちゃんを出演させてしまうなど、遊び心もたっぷりです。

 未来機関に所属する優秀な人材ばかりであるにもかかわらず、みんな仲間を信用できないし短気すぎるきらいはあるのですが、それは、それだけ絶望的な状況にみんなが追い込まれているということだったのでしょう。

 コロシアイゲームの中で裏切り者を探しながら進めていく構造はこれまでのゲーム作品と同様ですが、展開には非常に驚かされます。絶望編と並行して見てしまうと予想がついてしまうのですが、未来編だけを追っていくとその驚きは倍増です。

 いい人に見えたあの人が意外な思想を持っていたり、絶望から世界が救われると思ったら、それこそ江ノ島盾子の思い通りだったりと最後まで目が離せません。

 憎いのは、未来編の最終話のBパートですね。漫画のコマを読み進めるような形で進んでいく形式はまさに、ゲームで謎解きをしていくやり方と同じでした。それを、江ノ島盾子にやらせてしまうなんて…。

 さて、一方の絶望編では、未来編に出てくる雪染先生を主人公とし、スーパーダンガンロンパ2で出てきたキャラクター達(狛枝凪斗とか)がどのようにして絶望に染まってしまったのかが描かれていきます。

ダンガンロンパ3 きゃらぺた Sサイズ 未来編 モノクマ+雪染ちさ

 この作品を見ると、これまでのイメージとは一転、狛枝凪斗らの本性は優しい人間だったということを知ることができます。彼らも、希望ヶ峰学園の他の生徒たちと同様、世界の希望になれる存在であったにもかかわらず、江ノ島盾子と、希望ヶ峰学園の暗部が生み出した「超高校級の希望」神座出流(かむくらいずる。2の主人公日向創が改造されて作り出された)によって、悪の存在になってしまったのです。

 未来編でかなり悪役として描かれている、「元・超高校級の生徒会長」宗像や「元・超高校級のボクサー」逆蔵も、あのように追い詰められる前はまっとうな人間だったようです。まあ、最終的には宗像大好き逆蔵くんが戦犯なわけですが笑。

ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 スペシャルフィギュア 逆蔵十三 全1種

 主人公の雪染先生も、「元・超高校級の家政婦」の能力を遺憾なく発揮し、泥沼にハマっていきます。「家政婦」というからには、家事の腕前がすごいのかと思いきや、どちらかというと市原悦子的な才能が目覚めていたようです。こういう遊び心、いいですね。

 キャラクターへの見方が変わると言えば、神座出流についてのエピソードをきちんと仕上げているので、希望ヶ峰学園も一枚岩ではないことがわかって、見ていると「江ノ島盾子の方が実は正しいんじゃないか」なんて、視聴者自信も洗脳されそうになったりします。霧切響子の父親にして希望ヶ峰学園最後の学園長「霧切仁」がはたしてどのような思想を持っていたのかが非常に気になります。

 それから、スーパーダンガンロンパ2の作中でも魅力的だった七海千秋への愛情がより一層深まるのもこの作品です。作中よりもコミュ障要素が抜けて、かわいくなってましたね。オープニング映像の最後で振り返る姿が脳裏から離れません。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 七海千秋 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

 彼女こそが超高校級の希望になりえていたかもしれないのに、最後は江ノ島盾子の手によってあんなことに…。個人的には、あんなダンジョンじゃなくて、インベーダーゲーム形式でお仕置きされることを期待していたのですが、そうはなりませんでした。

 と、そんな感じで、絶望編がしっかり作られたおかげで、人類史上最大最悪の絶望的事件の全体像を知ることができましたし、これまで好き勝手広げられてきたダンガンロンパの世界がまとまりそうな感じです。

 絶対絶望少女で出てきた希望の戦士達が登場することも期待していたのですが、さすがにそこまでの余裕はなかったようですね。

 そうそう、最後をアニメ版で締めたからというわけではないですが、「超高校級のアニメーター」である御手洗はチートすぎると思います。あそこまで行ったら、「超高校級のマインドコントローラー」とでも名乗ったほうがいいのではないでしょうか。

ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 御手洗亮太 ボールペン

まとめ

 ダンガンロンパシリーズは、時流に乗ったゲームシステム、サプライズ満載の衝撃的なストーリー、耳触りの良い言葉遣い、豪華声優が演じる個性的豊かなキャラクター、作り込まれたアニメーションによって、ここまで魅力的な作品に仕上がりました。これもすべて、優秀で熱意ある制作スタッフによるものです。投げっぱなしにせず、きちっと完結させようという意気込みもさすがです。

 最後の最後の完結編「ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園-希望編」への期待を込めながら、1万字も書いたこの記事を終えたいと思います。

https://i.ytimg.com/vi/TgybjqLv9kU/maxresdefault.jpg

「それは違うよ!!」

 そ、そんな、文字数が微妙に1万文字に足りてないなんてことは…。

 

 

GAME OVER

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 ねんどろいど モノクマ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

さんエリさんがクロにきまりました。
おしおきをかいしします。

(関連記事)