3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

就活用証明写真の定番「伊勢丹写真館」は撮影番号を忘れても焼き増しできる

三越伊勢丹 ブランド力の神髄 (PHP新書)

就活用写真の定番 伊勢丹写真館

 大学生の就職活動、社会人の転職活動、さらにはTOEIC等資格試験の受験等、様々な場面で必要になる証明写真

 皆様は、どこで撮られていますか??

 地元にいい写真館がある場合は、羨ましいですね。

 私は、地元には写真館がなかったので、イオンの中にある写真屋や、ときには駅の構内にある写真ボックスで撮影していたこともありました。

 それでも、許せる写真にはなっているかなと思っていたのですが、そんな価値観を覆したのが、伊勢丹写真室でした。

 社会人になって、出来る限り身なりを整えようと、スーツや靴、髪型にこだわり始めた頃、「証明写真もきっちりと撮ろう」と思って探したら辿り着いて試しに撮影してみたのですが、実際にそこで仕上がった写真を見て驚き。

 「これ、俺????!!

 受け取った写真に写るのは、すごく爽やかな好青年。

 過剰な修正が加えられたりしているわけではないので、本人と照合できるレベルなのですが、伊勢丹写真館で撮影した写真は「これを超える証明写真はない」と思えるほど見事な仕上がりでした。

 それまでの証明写真は、全てどこかしら妥協していたのですが、伊勢丹写真館で撮った写真は非の打ち所がありません。

 就職活動において、競争相手が皆このレベルの証明写真を使用していると仮定した場合、通常の証明写真を使用している応募者は、その時点で印象操作の競争に出遅れています。いくら面接内容が全てで、表面的に証明写真は評価の対象ではないとしても、面接前、面接中、面接後と、頻繁に採用担当の目に触れることになる証明写真は、いいに越したことはありません。

 何より、証明写真がよく取れているだけで、自信を持てて、面接での堂々とした態度に繋がります。

 これまで妥協した証明写真を使われていた方は、一度伊勢丹写真館で撮影されることをオススメします。

 私自身は、新宿本店で撮影しましたが、それ以外にも立川や浦和、松戸、相模原、府中など、関東には展開していますので。地元の写真館よりは少し価格が高いかもしれませんが、決してボッタクリ価格ではありません。

 就活用の証明写真を撮影する際の定番となっているのも納得です。

 

 さて、伊勢丹写真館の広告のようになってしまいましたが、別に私は伊勢丹写真館の関係者ではありません。

 本題はここからです。

 伊勢丹写真館では、証明写真の場合2年間、焼き増しを受け付けてくれます(さすがに2年間は長すぎる気もしますが…)。

 しかも、伊勢丹のHPで、焼き増しのオンライン予約をすることができます。

 ただ、オンライン予約をする際、撮影番号の入力を求められるんですよね。

 正直、撮影番号なんて覚えてません。撮影当時に受け取った書類なんて保管していないですし。

 でも、そんなときでも大丈夫。伊勢丹写真館のコールセンターに電話して、撮影時に記入した電話番号を告げれば、対応してもらえます。

 せっかく焼き増しできるのに、撮影番号がないからといって途方にくれている方がもしいらしたら、無駄に取り直すことがないように情報提供させていただきます。