読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

検索エンジンで上位表示している記事を修正するのは危険かも?

How Google Works

上位表示している記事をさらに上位にしようといじってみたら…

 今日は、とても勉強になることがありました。

 最近2週間ほど、とある記事がGoogleで2位と3位の間を行ったり来たりしていたので、なんとか1位にできないかなと模索していたんですよね。

 具体的には、記事内容を充実するために追記してみたりとか、ブログ内の全ページからその記事への導線を確保すべく、サイドバーに当該記事へのリンクを貼ったりとか、色々やってみたのですが、

完全に裏目に出ました…。

 昨日の午前中に作業して、その日は特に変動がなかったのですが、今朝プライベートモードで検索結果を確認してみると、12位くらいまで落ち込んでいました。今日一日ずっと浮上しないままです。

 いやー、これはすごく落ち込みましたね。

 いいことをしようと思ってやった結果が、悪影響を及ぼしていたなんて…。

 まあ、もしかしたらそれまで上位表示されていたのが偶然であって、適正な位置に落ち着いた可能性もあります。また、たまたま一時的に検索順位が下がったのかもしれません。

 でも、急に2位の記事が12位まで飛ばされることって、あるのでしょうか??

 私も、無鉄砲に記事を修正したりしたわけではなくて、きちんと、普段信頼しているSEO関係のページを見ながら、どのようにしてポールポジションを維持するのかを学んだ上で行ったのですが、ダメでした。

 参考にしたページの情報が間違っていた可能性もありますが、可能性として大きいのは、そのSEOテクニックが古くなってしまっていたのではないかということです。

 最近、Googleの検索アルゴリズムは、かなり速いスピードで変化していると聞きます。

 私がよかれと思ってやった行為が、もしかしたらスパム判定されてしまったのかもしれません。

 このブログは、完全なホワイト運営で、著作権とかにも気をつけているので、ペナルティを食らうようなことは他に考えられないんですよね。

 別に、上位表示していたキーワードで、他のブログの新しい記事が追加されたとか、そういうことではありませんでしたし。

 

 正直申し上げますと、今回の件で、すごく落ち込んでいます…。

 ブログは結局、検索エンジンの指先一つでどうとでもなってしまうということを身をもって知って、記事の更新もしたくなくなってしまったくらい。

 でも、ここで折れては成長できません

 今回のショックをバネに、一度検索順位が落ちた記事を再び浮上させるにはどうするべきなのかをしっかりと学んで、今後の運営に活かしたいと思います。

 また、今回の教訓として学んだことは、「上位表示している記事を無闇にいじらない」ということです。

 SEOに関する情報はネットで溢れていますが、それが果たして、現行のGoogleに通用するのか、それとも逆にスパム認定されてしまうのか、専門的に検証している方ならともかく、素人には分かりません。

 現在の状態で高い評価がされているのであれば、その状態を下手にいじるのは悪手になってしまう可能性の方が高いと思います。

 確かに、検索エンジンで1位表示されるのと2位表示されるのとではかなりの開きがありますが、2位表示と12位表示の差の方が溝は大きいです。11位以下では全然アクセス来ませんからね。

 

 ということで、痛い思いをして知った教訓でした。同じ思いをする方が現れないように、情報共有したいと思います。

 

(注記)

 あくまで、ごく少数のサンプルですし、検索上位を維持するためのSEOテクニックはあると思います。本記事では、必ずしも何も手を付けないことを推奨しているわけではございませんので御了承ください。

 また、コメントで皆様からアドバイスを頂きありがとうございました。特に、travel_jarnaさんから「タイトル」に手を加えることの危険性について御教示いただきました。本記事で扱った「修正」では、タイトルまでは手を付けていないのですが、今後のブログ運営で気をつけたいと思います。重ね重ね、ありがとうございましたm(_ _)m