3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

入学式と懇親会の後、ブログのアクセスランキングが激変!

4月12日は入学式!

 昨日は、大学院の入学式がありました(実際には既に授業が始まって1週間が経っているんで、実質的意味の入学式は4月3日のガイダンスだったわけですが。昨日行われたのは、形式的意味の入学式ですね)

 ちなみに、入学式が伝統的に4月12日に行われるのは、この日が東京大学の創立記念日だかららしいです。

 総長が理学系出身であり、また、研究科長の代表も医学研究科長であったことから、入学式のスピーチの内容はほぼ理系向けの内容でしたが、「ポストトゥルース」に関する話とかは、私達法曹志望者にとっても大変意味のあるお話でした。

 私が何よりも心配なのは、これらの事象の背景で、人間の知性の力に絶望し、知を否定するような動きが目立ってきていることです。
 科学技術の革新は、SNSなど、旧来の新聞や電波による放送とは異なった、情報拡散の新たな手段を生みだしました。この新しい情報メディアは個々の人々の生活スタイルだけでなく、事実や真実をめぐる人々の感覚やそれを共有させる仕方をも変貌させつつあります。事実にもとづく反論や丹念な論証よりも、感情に訴える一方的な断定が大きなうねりとなり、偽りの共感を生みだしてしまうのです。このような事態を指して、「ポストトゥルース」の時代の到来を論ずる人もいます。新聞や放送といった既存のメディアを担ってきたプロのジャーナリストすら、新たな情報環境の影響から逃れることは難しそうです。新しい情報通信の環境を私達が人類社会をより良くするためにポジティブに活用できるのか、それとも制御ができず自滅してしまうのか、その分水嶺に立たされているのです。
 こうした時代であればこそ、私達は知を放棄するわけには行きません。今こそ、知のもつ力を強く信じ、他者を尊重し、丁寧に言葉を吟味し、冷静な対話を通じて、確かな共感、すなわち「知に支えられた真の共感」を作りあげ、広げていく努力を惜しんではならないのです。大学はその中心となるべきであり、皆さんは私達と共に、その活動を支える仲間になったのです。

平成29年度東京大学大学院入学式 総長式辞 | 東京大学より)

 新しい情報通信の環境を、理性と知性に基づく法律の分野において、ポジティブに活用するのが私の当面のライフワークなので、この部分はとても胸に響きました。

※総長のお話、すごい長いのに、総長が原稿を見ずにずっと前を見ながら一言一句間違えずに話してるのに驚きました。どっかにプロンプターでもあるのかなと思って探したらなかったし、他の人は手元の紙を見ながら喋っていたので、五神総長はすべて暗記していたのでしょうね。

 

 さて、そんな形式的な儀礼を終えて、昨日のメインはその後の懇親会!

 他のクラスの人とはなかなかお話をする機会がないので、とても貴重な時間でしたが、中には「ブログ読んでます」と話しかけてくださる方もいらっしゃいました。

 どうもありがとうございますm(_ _)m

 

 そんな楽しい懇親会を終えて一晩。

 ブログのアクセスランキングを見て、驚きました。

f:id:soumushou:20170413080944p:plain

f:id:soumushou:20170413081007p:plain

 なんと、前日と比べて、アクセスランキングが激変していたのです!

 それまでは、タガタメの記事が一番で、二番目にハリーポッターくらいだったのに、なぜか、「ロースクール関係」や「私が今の道を進んでいる理由」について書いた記事がとてもよく読まれているのです。

 これは恐らく、それまで知らなかった方も、昨日の懇親会でこのブログの存在を誰かから聞いたりして、御覧頂いたということなんでしょうね。

 どうもありがとうございます。

 

 ただ、あれなんですよね。

 このブログ、開始当初は色々と迷走していたので、当時の風潮に流されて一部煽りっぽい記事も含まれていて……笑

 そこまでおかしなことは書いていないので大丈夫だと思うのですが、変な記事を見つけても、生暖かい目で見てくださいm(_ _)m

 

 ということで、なかなか予習復習に追われて更新ペースが落ちてしまっているこのブログですが、引き続きよろしくお願いします!