3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

【小選挙区 岐阜県】2017年衆議院解散総選挙IFルート【もし希望の党と立憲民主党が分裂しなかったら】

2017年10月衆議院解散総選挙で、もし「希望の党」と「立憲民主党」が分裂していなかったら、結果はどうなっていたのか(岐阜編)

 憲法改正や外交問題、経済政策や消費税増税、さらにはスキャンダルや汚職といった重大な争点から、大注目を浴びた、2017年衆議院解散総選挙。

 結果的には、自民党が単独で過半数の議席を獲得し、自民公明連立与党が3分の2議席を獲得して憲法改正発議に必要な議席数を満たすことになりました。

 もっとも、このような自民党の歴史的大勝の裏には、①「民進党」の「希望の党」への合流、②「希望の党」からの「立憲民主党」の分離といった事件がありました。

 そこで、この記事では、もし「希望の党」から立憲民主党が分離せず、そのまま選挙になだれ込んでいたら結果がどうなっていたのかということを検証していきたいと思います。

 もちろん、選挙に「もし」がないことは承知しています。また、民進党が完全に希望の党へと合流していたとしたら、「各党候補者の分布が変動すること」及び「投票者の行動にも変化が生じていたであろうこと」は当然想定されることですから、あくまでも余興の範囲ということで御了承ください。

 なお、投票数のデータ及び画像については、正確性を期して、NHK2017衆院選(衆議院議員選挙 開票速報)からお借りしています。

 以下、実際の選挙結果について「現実」と表記し、希望の党と立憲民主党が分裂しなかった場合について「IF(分裂なし)」と記載しています。さらに、野党全てが連合してひとつの党を作った場合について「IFIF(野党連合)」と記載しています。

 また、分裂しなかった場合の「希望の党(+立憲民主党)」の得票数は、両党の現実の得票数を単純合算して算出しています(比例区における「漏れ」もない前提で考えます)。

※「無所属」の議員の中には、旧民進党系の議員もいますが、現実と仮定状況との比較をすることを目的とする本記事においては、無所属はそのまま無所属として扱っています。

岐阜1区

現実(分裂あり):自由民主党

IF (分裂なし):自由民主党

IFIF(野党連合):自由民主党

f:id:soumushou:20171023091238p:plain

岐阜2区

現実(分裂あり):自由民主党

IF (分裂なし):自由民主党

IFIF(野党連合):自由民主党

f:id:soumushou:20171023091246p:plain

岐阜3区

現実(分裂あり):自由民主党

IF (分裂なし):自由民主党

IFIF(野党連合):自由民主党

f:id:soumushou:20171023091251p:plain

岐阜4区

現実(分裂あり):自由民主党

IF (分裂なし):自由民主党

IFIF(野党連合):野党連合

f:id:soumushou:20171023091255p:plain

岐阜5区

現実(分裂あり):自由民主党

IF (分裂なし):自由民主党

IFIF(野党連合):自由民主党

f:id:soumushou:20171023091328p:plain

結果まとめ(岐阜県)

 変動なし

 

 野党連合を組んでいたら、

 自由民主党
→マイナス1議席

 野党連合
→プラス1議席

現実

自由民主党:5議席

公明党  :0議席

希望の党 :0議席

立憲民主党:0議席

その他  :0議席

IFルート(希望の党と立憲民主党が分裂していなかったら)

自由民主党:5議席

公明党  :0議席

希望の党(+立憲民主党):0議席

その他  :0議席

IFIFルート(野党全てが連合してひとつの政党を作ったら)

自由民主党:4議席

公明党  :0議席

野党連合 :1議席

無所属  :0議席