リカレント!

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

【NHK受信契約最高裁判決】もうテレビは捨てた方がいいんじゃないか

NHK WORLD TV

判決が出ると強制的にNHKと契約させられ、さかのぼって受信料を請求される

 NHK受信契約に関する重要判決が出ました。

 

 判決の全文は最高裁のHP(http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=87281)で見ることができますが、概要は次のとおりです。

1 放送法64条1項は,受信設備設置者に対し受信契約の締結を強制する旨を定めた規定であり,日本放送協会からの受信契約の申込みに対して受信設備設置者が承諾をしない場合には,その者に対して承諾の意思表示を命ずる判決の確定によって受信契約が成立する

2 放送法64条1項は,同法に定められた日本放送協会の目的にかなう適正・公平な受信料徴収のために必要な内容の受信契約の締結を強制する旨を定めたものとして,憲法13条,21条,29条に違反しない

3 受信契約の申込みに対する承諾の意思表示を命ずる判決の確定により受信契約が成立した場合,同契約に基づき,受信設備の設置の月以降の分の受信料債権が発生する

4 受信契約に基づき発生する受信設備の設置の月以降の分の受信料債権の消滅時効は,受信契約成立時から進行する

 これは、結構強烈…。

 NHKが強制的に契約を締結させることができるのを、裁判所が認めたようなものですからね。(実際には強制的に契約させるのは裁判所ではありますが、NHKが裁判を提起すれば認容判決が出るのはほぼ確実でしょうから)

 しかも、消滅時効は受信契約成立時(つまり判決確定日)から起算されることになり、実質的に時効消滅しませんし。

 それから、裁判が出た時からの受信料を支払うのではなく、本来支払うべきだった日(テレビを設置した日)までさかのぼってその受信料を全て払うことになります。

 

 さかのぼった受信料は、当然遅延利息がつくことになるんでしょうね。

 そしたら、怖くて迂闊に支払拒否をできませんね。

 

 そもそもやっぱり、望んでもいない契約を結ばされる放送法64条1項の規定がおかしいと思うんですよね。

(受信契約及び受信料)
第六十四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

 NHKも、WOWOWなどの有料チャンネルのように、希望する人だけが契約して見られるようにすればいいのに。

 ほら、朝ドラのファンとか、大河ドラマのファンとか、それ以外にも正確な情報が必要な法人や公共機関は絶対に契約しますし。

 

 もうね、こんな横暴な放送法64条を維持するくらいなら、みんなテレビを捨ててしまえばいいんですよ。

 実際、バラエティやドラマを見たければ民放がネットで配信しているTVerで、地上波で放送しているメインコンテンツは大体見ることができますし、ニュースが見たければテレビ東京ビジネスオンデマンド(月額500円)に契約して見ればいいんですよ。

 それ以外に、何かテレビに求めるものありますか?

 暇つぶしをしたければ、今やYoutubeに面白いコンテンツは沢山あがっていますしね。

 

 もうそろそろ、テレビを中心としたライフスタイルから卒業する時なんじゃないでしょうか。