3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

市場規模5兆円!リアルマネートレード(RMT)で使える仮想通貨は高確率で上がるんじゃ…

ドイツではゲームアイテムのRMTが大々的に行われている

 RMT(リアルマネートレード)とは、ゲーム内のアイテムを現実社会で販売し、現金と交換することを言います。

 日本では、どのゲームも基本的にRMTを禁止していて、あまりいいイメージがありませんね。

 しかし、世界的にはRMTが全面的に禁止されているわけではありません。

 ドイツでは、ドイツ取引所と、上場企業のNAGAグループとが提携し、SWITEXという名の大規模なRMT市場の運用が始められようとしています。

 しかも、対象となるゲームとして例示されているのは、

SIMSや、 

The Sims 4

コール・オブ・デューティー 

【PS4】コール オブ デューティ ワールドウォーII 【CEROレーティング「Z」】

といった、国内外で世界的な人気を誇るゲームです。

 これって、かなり期待できますよね。

 見積もりとしては、市場規模は5兆円とされています。

 グローバルな規模でゲーム市場を見ると、すごいですね。

 

 さて、上の朝日新聞の記事では、次のような図でRMTが説明されています。

f:id:soumushou:20171214193731p:plain

 気になるのは、図の左上にある「仮想通貨」の文字ですね。

 実は、この仮想通貨、現在ICO中なんです!

 その名もNAGA COIN

 RMT市場であるSWITEXを運営するNAGAグループの名前をそのまま冠していますね。

 公式サイトでも、次のような図で説明されています。

f:id:soumushou:20171214192041p:plain

 下にある4つの四角のうち、右から2番めがRMT市場のSWITEXです。

持ってるだけで増える

 NAGACOINについて何よりもすごいのが、保有しているだけで増えるということです。

 NAGACOINを所持しているだけで、RMT市場であるSWITEXや証券市場であるSwipeStoxでの取引手数料が分配されるのです。

f:id:soumushou:20171214194403p:plain

 市場規模5兆円のRMT市場ですから、そこでの取引手数料がいくらになるかを想像してみてください。

ICOの期限は12月16日

 そんなNAGACOINのICOですが、申込期限が迫っています。

 12月16日8時(日本時間)なので、あと1日しかありません。 

 12月22日にHitBTCに上場されることが決定されるので、短期間で売り抜けても結構な利益が出るでしょう。

 一方で、長期保有で手数料の分配を受けることでも増やすことができるので、これを見逃す手はありませんね。

 Googleで検索すると、フィッシング詐欺に引っかかる恐れがありますので、登録は公式リンクからどうぞ。

公式サイトNAGA COIN

関連記事

【NAGACOIN】COMSA、QASHの次に高騰しそうなICO

【期待のICO】NAGACOINトークンセールへの参加方法【画像で解説】