リカレント!

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

【EZPOS】登録だけで550円分貰えるICO!しかも高評価【EZトークン】

こちら(EzToken - Register)から登録するだけで5ドル(550円)分のトークンが貰えるので、お急ぎの方も是非! 登録は1分程で完了します

※1月10日追記:1月9日に第2ラウンドのトークンセールが行われましたが、たったの53秒で完売しました。これはかなり期待できますね。
 第3ラウンド(トークンセールの最終チャンス)は1月13日午前1時からです!
 実際には、0時59分50秒くらいから購入できるようになるので、フライング気味に購入するのがオススメです!

シンガポール発のICO! EZPOSが高評価な上に無料でトークン配布中!

 ガクトがICO(イニシャルコインオファリング)を実施するということで日本で話題になっていますが、ICOは詐欺的な案件も多数含まれているので参加される際は十分に御注意ください。

 QUOINEの栢森代表も、あれは筋が微妙ということをおっしゃっていましたし、私は基本的にSPINDLEには参加しません。

 ガクト自体はアジア圏で人気があるため、もしかしたら上がる展開もあるかもしれませんが、ICOへの参加はリスク管理が非常に大事なので。

 

 さて、そんな中、世界的に有名なICO評価サイトICObenchで評価の高い有望なICOを発見しました。

 

 その名もEZPOS(イージーポス)

 アジアで一番の金融大国であるシンガポール発のICOで、ICObenchでは5段階中4.5の高評価です。

f:id:soumushou:20180102101643p:plain

(引用元:https://icobench.com/

 以前私がこちらのブログで紹介したNAGACOIN4.5程度でしたが、ICO時の価格から2週間で4倍程度まで上昇しました。

 

 EZPOSで発行されるEZトークン(イージートークン)は、手軽な決済手段として実用化されることを目標としています。

 次のようにロードマップ(予定表)も明確で、早期の実用化が期待されます。

f:id:soumushou:20180102101629p:plain

(参照元:EZPOS

 仮想通貨をお持ちのある方は、「実際にこれが日常的に支払い手段として使える日が来るのだろうか」と考えたことがあると思うのですが、その疑問に正面から立ち向かっているということで、大きな需要が見込まれます

 イメージとしてはOmiseGOに近いですね。OmiseGOもICOから3ヶ月で50倍になりました。

 特に、東南アジア圏は、他国への出稼ぎが多いので、出稼ぎ者から家族への送金需要がとても大きいです。

 現時点ではウェスタンユニオンのサービス等により送金されていますが、手数料が10%程度かかります。そこで、仮想通貨で手軽に送金でき、そのまま使える仮想通貨の需要が大きいのです。

 詳細については、こちらの動画をご覧ください。

アドバイザーはTEDに出演したCharls Ehredt

 ICOで何よりも大事なのは、ICOを実施するチームのメンバーです。

 今回のEZPOSで一番信頼できるのは、Currency Alliance(直訳すれば「通貨連盟」)のCEOであるCharles Ehredtでしょう。

 アメリカの生まれで、スペインの有名MBA校であるIESEの出身です。

 バルセロナで行われたTEDでも講演しています。

 私は、このTEDを見て、話の内容がまともで信頼できることから、EZPOSのICOに参加することを最終的に決めました(10万円程度の参加)。

登録だけで5ドル分のEZトークンが貰える

 EZPOSの嬉しいところは、登録するだけで5ドル分のEZトークンがもらえるところです。日本円に換算すると、550円程度ですね。

 しかも、いずれEZトークンの価値は上がっていくでしょうから、無料配布分だけでも5000円や5万円になる日がくるかもしれません。

 こちらから登録するだけで貰えます。手続にかかる時間は1分ほど。

 配布キャンペーンがいつ終わるか分からないため、早めの登録をオススメします。

公式サイトEzToken - Register

 

補足:無料で配布するというと、詐欺の可能性が高いWCXが想起されますが、あちらはICObenchでも1.8というかなりの低評価でした。EZPOSは、ログインにGoogleの2段階認証も導入していますし、WCXとは違って信頼できるものと思われます(もちろん投資は自己責任で)