3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

【QUOINEX】セキュリティ最強の仮想通貨取引所【ビットコイン】

コインチェックで580億円分のNEMの盗難事件

 2018年1月26日、仮想通貨史上最大の盗難事件が発生しました。

 発生したのはコインチェック

 およそ5億XEMの盗難。日本円にして580億円分でした。

 最近NEMの価格が下がっていたためこの程度の金額となっていますが、一時期の300円近い状況で換算すると、1000億円を超えていますね…。

 コインチェックは、いまだに金融庁からは認可が下りていなかったものの、経過措置により「みなし仮想通貨交換業者」として運営されていたものです。

 他の国内取引所に比べて使いやすかったことから、利用されていた方も多かったのではないでしょうか。

 私自身も、取引画面が使いやすく、また、ビットコインに関しては取引手数料が無料だったため、ICOに参加する際など、使用していました。もっとも、ハッキングを受けた当時は5万円ほどしか入っていなかったので、あまり痛手はありませんでした(不幸中の幸い)。

 2017年末にはZaifでもAPIを利用した不正出金がありましたし、かつてはマウントゴックスで大規模な盗難事件が発生して世間を騒がせました。

 取引所のセキュリティは、仮想通貨の抱える最大の問題となっていますね。

ハードウォレットよりも安全な取引所?

 さて、今回コインチェックが盗難被害を受けてしまった原因は2つあります。

全てのNEMをホットウォレット(オンラインウォレット)に保管してしまっていたこと

②NEMのマルチシグを設定していなかったこと(マルチシグというのは、資金の移動をするために複数の管理者による承認が必要にするための設定です)

 ここで特に問題になるのは、①です。

 確かに、仮想通貨をコールドウォレット(オフラインウォレット)で保管していると、直ちに送金ができないため、利用者の便宜のためには一定程度のNEMをホットウォレットで保管するということは正当化されると思います。

 しかし、1日に580億円分全てのNEMをすぐに動かすことが必要な事態なんてありえないのですから、取引量全体の5%〜10%程度のNEMだけをホットウォレットに保管しておけばよかったのです。

 それが可能だったのにしなかったのは、完全にコインチェックの落ち度でしょう。

ハードウェアウォレットによる対策 

 それでは、今回のような盗難事件から自分の資産を守るためには、私たちはどのように対策すべきなのでしょうか。

 よく言われるのは、レジャー・ナノやTREZORといったハードウェアウォレットです。 

  

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)

  • 出版社/メーカー: SatoshiLabs
  • メディア: Personal Computers
 

 オンラインから切り離して、仮想通貨を保管しておくためのツールですね。

 しかし、これらも万能ではありません

 ウォレット自体を紛失してしまう可能性がありますし、紛失時に備えた復元コード(「シード」と呼ばれる)がハッキング等で流出してしまえば、ウォレットの中身も盗まれてしまいます。

 そして、ハードウェアウォレットの最大の弱点は、ウォレットに入れてしまうと、注文を出せないということなんですよね。

 値動きが大きい仮想通貨市場ですから、高い時に売り、安い時に買うというのを繰り返したいと思います。

 そのために、指値注文を入れておきたいという方も多いと思います。

 しかし、ウォレットで保管すると、そのためにいちいち送金をしなければならず時間手数料がかかってしまいます。

 そこでオススメなのが、セキュリティの強い国内取引所QUOINEXです。  

  QUOINEXは、全ての資産をコールドウォレット(オフラインウォレット)で保管しています。

 そして、不正な送金要請がないか、人の目で全てチェックしています。

 そのため、送金に時間がかかってしまうという難点はあるものの、基本的に外部に送金せず、内部で取引するだけであれば、QUOINEXが一番オススメの取引所になります。 

取扱通貨も豊富

 QUOINEXは、取扱通貨も豊富です。

 ビットコイン(BTC)はもちろん、イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)キャッシュ(QASH)の取引ができます。

 2018年1月中には、NEM(XEM)イーサリアムクラシック(ETC)も上場され、2月には5種類ほどの新規銘柄が上場する予定です。

 新規銘柄の上場には積極的なので、その後もどんどん増えていくことが期待されています。

QUOINEX代表は東京大学法学部卒、三菱商事、ハーバードMBA、ソフトバンク

 QUOINEXの代表を務める栢森加里矢さんは、個人的にかなり信用できる方だと思っています。

 まずは、こちらの経歴をご覧ください。

f:id:soumushou:20180127010918p:plain
(引用:【第12回】栢森加里矢氏|プロを訪ねて三千里(対談)|マーケット千里眼 -経済・市場分析-|MONEYKit - ソニー銀行

 東京大学法学部を卒業後、三菱商事に入社し、ハーバード大学でMBAを取得、その後、ソフトバンクグループで世界を飛び回って活躍されています。

 学生時代の繋がりもあるのか、政府や金融庁とも密接なパイプを持っていますし、何より世界的な仮想通貨の流れを把握された上で活動されているのが心強いです。

 「何よりもセキュリティが大事」というのは常に意識されているようで、2018年1月20日、テレグラム上ではタイムリーにも次のような発言をされていました。

f:id:soumushou:20180127011412p:plain

QUOINEXが信用できるかどうかは、このビデオを見て決めて欲しい

 経歴だけでは判断できないという方は、こちらの動画をご覧頂きたいです。

 これは、2017年12月に、栢森代表がでAMA(Ask Me Anything)を行った際の動画です。

 普段は海外向けに英語でAMAを多く行われているのですが、この時は日本人向け日本語で実施してくださいました。 

 私は、この動画を見て、「QUOINEXは信頼できる」と心から思えたので、ここをメインの取引所にすることにしました。

知名度が低いのは、これまでマーケティングをしてこなかったから

 さて、こんな素晴らしい取引所がなぜあまり有名でないのでしょうか。

 それは、これまで広報活動を殆どしてこなかったからです(上の動画でもその説明があります)。

 コインチェックは出川哲朗を、DMMビットコインはローラを起用して、積極的に顧客の増加を狙ってきました。

 しかし、QUOINEXは、顧客を増やすよりも先に、しっかりとしたセキュリティを構築し、安心して取引できる環境を整えることが大事だと考えて、そちらに時間お金を使って来たのです。

 セキュリティが気になる皆さん、QUOINEXで取引を始められてはいかがでしょうか。

公式サイト【QUOINEX】アジア圏最大級のビットコイン取引所!

追記:コインチェック騒動に関する栢森代表のコメント

 QUOINEXのテレグラム上で、栢森代表がコインチェックの騒動に関してコメントをされていたので掲載します。

f:id:soumushou:20180127021157p:plain

f:id:soumushou:20180127021200p:plain