読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

【FF15映画】4DX・MX4D版「キングスグレイブ」は一見の価値あり!【感想】

4DX版「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」を見た感想

 発売まであと2ヶ月と迫った、ファイナルファンタジーXV。

 ゲームではノクティス王子らが主人公となって、ヒロインであるルナ・フレーナと会うべく冒険を進めていきますが、 その物語の裏側で父親ルシスとその護衛部隊「王の剣(キングス・グレイブ)」による活躍を描いたのが映画「キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV」です。

 残念ながら「君の名は。」と「シンゴジラ」の圧倒的な興行成績の影に隠れてしまったのですが、見た人からは大絶賛を受けていた本作。

 あまりの高評価に、2016年10月1日から日本全国で英語版・4DX版で再上映されているほどです。

 以前、日本語版を映画館で見た私ですが、改めて4DX版を見てきましたので、その感想を書きたいと思います。

映画本編の見所

 まずは、4DXや英語版とか関係なしに、この映画の見所を紹介します。

 一番の見所は、映像美です。2001年のFF映画は忘れて、以前スクウェア・エニックスが発売したFF7AC(ファイナルファンタジー アドベント・チルドレン)でも、その映像の綺麗さに驚かされましたが、キングスグレイブはその比ではなく綺麗です。特に、肌の表現が綺麗で、キャラクターの顔がドアップになるシーンでは、「Saya」に負けず劣らず簡単に不気味の谷を乗り越えています。ふと気を抜くと、本物の人間が写っているように見えてしまうほど

 もうひとつの見所は、ストーリーです。安っぽい子供向けの映画とは違って、じっくりと考えさせられる、「戦争」をテーマとした大人向けのストーリーなんですが、アクションシーンと会話シーンのバランスのよさにより、飽きることなく次の展開を期待しながら見ることができます。FF15に関する前提知識がなくとも、入り込める構造になっているのも素晴らしいです。また、この映画を見ることによって、FF15の世界観の全体像をつかむことができます。私自身、ゲームの発売に先立って配信されていた「BROTHERHOOD FINAL FANTASY XV」を見ても、最初の設定が分からず、入っていけないことがあったのですが、この映画を見て完全に世界観を把握することができました。この映画を見ると必ず「早くFF15やりたい!!」という気分になると思います。

4DX版の見所

 次に、4DX版の見所。

 予め申し上げておきますと、残念ながら本作は3D対応していません。つまり、いわゆる「4DX2D」です(4DX2Dって何?という方はこちらを御覧ください)。ですので、私も見るべきかどうか迷ったのですが、いざ見てみると、見て大正解でした。

 やはり、4DX作品は、フルCG作品と合わせると最高の威力を発揮するようです。実写のハリウッド映画の4DXも悪くはないのですが、やはりフルCG作品との相性は抜群です(他にはタートルズとか)。

 本作で特にすごかったのは、車の振動と、劇場内に吹きまわる風泡による火の粉の演出です。

 アウディをスポンサーに持っているだけあって、乗車シーンにおける、シートの振動のリアリティがハンパないです。私も普段スポーツカーに乗っているので、まさに同じ感覚で驚きました。

 さらに、巨大な敵との戦闘や空中戦の多い本作では、「風」が巧みに使用されています。映画を見ている間ずっとといっても差し支えないほど、終始風が吹いているのですが、この風のおかげで、まるで自分が映画の中にいるかのようなリアリティを味わうことができるのです。

 それから、これまでの作品になく、本作で素晴らしかったのが、泡による火の粉の演出です。映画の後編で、火の粉が舞う中主人公が戦闘するシーンがあるのですが、そこで用いられているのが「泡」。劇場の上空から放出された泡は、前述の風に吹かれながら劇場内をふわふわと飛び回ります。飛び回っている泡に炎の赤色が当たると、それは本物の火の粉が舞っているようです。これまで何度も4DX作品を見ている私ですが、これは斬新でした。

 ということで、ギミックの使い方が本当に上手いです。以前4DX映画を見て、「こんなもんか」と思ってしまった人も、本作を見れば世界観が変わるかもしれません。それくらい、4DX要素も含めて素晴らしい映画なので、是非、4DX版キングスグレイブを見てみてください!

 なお、4DX版は基本的に英語版のようですが、ファイナルファンタジーシリーズはローカライズがしっかりされていて、本作の英語版声優も素晴らしいので、声による違和感は一切ありませんでした。というか、むしろ英語版のほうが配役がぴったり。だって、綾野剛さんとか忽那汐里さんとか棒読みだったんですもの…。

 また、実は、映画「キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV」自体は、既にブルーレイが発売されているので、近くに4DX対応劇場がない方でも見ることができます。

 FF15をプレイする前に見ないと、絶対後悔するので、今のうちに必ずチェックしてくださいね!

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV<セブン-イレブン・セブンネット限定特典ラバーストラップ付き>(Blu-ray Disc)

 また、5回に渡って配信されていた「BROTHERHOOD FINAL FANTASY XV」の映像とキングスグレイブがセットで入った、フィルムコレクションも販売中です!

Film Collections Box FINAL FANTASY XV<セブン-イレブン・セブンネット限定特典:ラバーストラップ付き>(Blu-ray Disc)

(関連記事)