読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年でエリート公務員辞めた結果…

月間30万PV以上!元国家公務員(総合職・旧1種)による備忘録。通称「さんエリ」

雪道はマッドフラップを装着していると逆に危険!

JAOS (ジャオス) マッドガード車種別取付キット  フォレスター SJ#系 B610743

泥除けを装着した状態での雪道走行には注意

 雪道って、安全が気になるのはもちろんですが、それと同時に気になるのが車の汚れですよね!

 定期的に下回りも綺麗に洗浄しなければいけないのですが、気になるのが、溶けた雪による泥や除雪罪がはねて、車の側面が汚れることですよね。

 そんなとき、汚れを防ぐためにマッドフラップ(泥除け)を装着してみようか!なんて思う方もいらっしゃるかと思うのですが、装着する前に注意が必要です!

 なぜならば、マッドフラップを装着した状態で、雪深い道を走行するのはとても危険だからです。

 イメージしてもらえばわかると思うのですが、マッドフラップは、地面の数センチ上の場所に設置します。つまり、積もった雪が高いところでは、マッドフラップが積もった雪に接してしまうのです!

 そうすると、どうなるか。

 マッドフラップに接した雪が、ブレーキの役割をして車の前進を妨げてしまうだけでなく、その形状ゆえに、横方向への力を生み出し、横滑りの原因となってしまうのです。

 私も以前、マッドフラップを装着していたのですが、実際に何度か、一般道・高速道路ともに危ない想いをしたことがあり、それ以来冬は外すようにしました。

 今は東京なので年中付けっぱなしなのですが、今振り返ると、よくあの時横滑りして事故にならなかったなとヒヤヒヤします。

 これからどんどん雪が積もって危険な道路状況が増えますので、安全にはくれぐれも注意してくださいね!!